平田牧場

コラム

平田牧場社員は健康優良児!その2!

2018.08.19 コラム コラム

平田牧場の社員アンケート第二弾。「どのくらいの頻度で豚肉を食べますか?」に対して、半数以上の社員が「ほぼ毎日食べる」という結果に。中にはハム・ソーセージ・ベーコンなどの加工品を含めるとほぼ毎食豚肉を食べているという人や、風邪をひくと豚肉を食べるという人も。「その1」に引き続き健康食品としての豚肉のひみつについてご紹介します。

5、ビタミンB2、ビタミンAが肌のターンオーバーを正常に

ビタミンB2は健康な新しい細胞を作るのに欠かせない「美容ビタミン」ともいわれる栄養素です。しかし、アルコールの分解やストレスの解消に消費されるため、日本人には不足しがちです。ビタミンB2が豊富な豚肉を食べて補いましょう!また豚肉には皮膚や粘膜を保護して、肌荒れや肌の乾燥を防ぐ効果のあるビタミンAも含まれるので、女性にとっては強い味方。

6、コラーゲンが細胞同士をつなぐ

コラーゲンは肌や爪、髪の材料となり細胞同士の結びつきを強めてハリをもたらしてくれます。さらに嬉しいことに酸素や栄養を皮膚に供給して老廃物を取り除く機能も果たすので、まさに美肌にはなくてはならないもの。コラーゲンは豚肉の赤身よりも脂身にたっぷり含まれるので、脂身の美味しさが抜群の平田牧場のお肉でうるおいや弾力のある肌で若々しさをキープ!

7、アナンダマイドとトリプトファンで脳をリラックス

最近の研究で、豚肉に含まれるアラキドン酸からできるアナンダマイドが脳に作用するとリラックス効果をもたらすということが分かり、注目されています。同じく豚肉に含まれる必須アミノ酸の一種トリプトファンも精神安定作用のあるセロトニンを作り出すことから、うつ予防に効果が期待できます。

 

最近では、健康・長寿には良質なたんぱく質を含むお肉が生命の維持に欠かせないことが分かってきました。「年だからもうお肉はいいわ」ではなく、元気に長生きするためにも毎日80gを目安に意識してお肉を食べるようにすると低栄養も防げるようです。様々な研究や分析結果が明らかになるにつれ、美味しくて健康になる食材としての豚肉から目が離せませんね!